船員インタビュー

司厨部
司厨長

乗組員の方から「美味しかったよ」と言われるのが本当の仕事だと思っているので。

Profile

2015年 中途入社 陸上からの転職

職務・年齢を教えてください。

54歳です、司厨長です。

転職のきっかけを教えてください。

ずっと陸上で働いていたんですけど、一時新幹線や飛行機の中で仕事ができたらいいなと思っていて…船はたまたまパソコンで見たときに、船でも仕事が出来るんだと思って。僕、そんなに船に乗った事もないし、船に乗っていろんな所に行けたら楽しいだろうなというのと、一回挑戦してみようかなというところですかね。

船とか新幹線に興味があったというのは、何かあるんですか。
新幹線とか飛行機とか、同じ所でずっと働くよりはいろんな所に行けて…飛行機とかかっこいいなという感じで。漠然とですけどね。

転職前はどんな仕事を?

ずっと陸上で。和食のお店から、ホール。結婚式や結納の食事を作っていて、和食居酒屋。和食メインのお店ですけど。懐石料理、昼はランチ・オードブル。おせち料理など、バラエティに富んだいろんな事をやりましたね。

実際に船に乗ってみて、船酔いはどうでした?

最初の3日間は全く仕事にならなくて、トイレでずっと(船酔いで)戻していて、僕やっぱり船駄目なのかなと思っていたら、4日目になったら船酔いもなくて、全然前の日とも違う感じで、船酔いもなくてご飯も美味しく食べれて、慣れたのかなと。船酔いそこからなくなりました。

船酔いきつかったですか。

船酔いが続いていれば断念してたかなと思います。

今までの経験からも、船酔いが…
入社前にも説明したかと思いますけど、結構大きな断念をする要因になります。

船は乗った事なくて、乗ったとしても大型フェリーというくらいしか乗った事がないので、
このくらいのクラス(の船)に乗ってどうか…。周りから大変だよと聞いていたので。
最初はしんどかったですね。3日間はずっと。

不思議ですね、コロッと変わるんですね。
ほんとに、4日目の朝起きた時に、え?どうしたんだろうというぐらいどうもなくて、朝食を最初に食べたのがほんとに美味しかったというのが記憶にありますけどね。

船独特の慣習だとか、例えば買い出し行く時…行く港行く港で違っていたりだとか、苦労された点はありますか?

最初はやっぱり新竜丸に乗る時に、何一つ分からないので、船食屋さんにどうやって(食材を)頼むんだろうとかいうのを何も分からない状態で…いろいろ先輩に聞きながら。

その船の局長さん(通信長)とか?
新竜丸に一番最初乗った時に、自分が発注したことがなかったので、船食屋さんのリストをもらって、紹介をしてもらって発注したんですけど、船食屋さんの単価と陸上の単価と全く違うもので、かなりの金額が最初に出たと思うんですよね。船食屋さんから逆に「みなさんこうしてらっしゃいますよ」と逆に教えてもらって、40日間だったらこのぐらいの食材でという事を教えてもらって、最初の発注をして船に乗って。あとは局長さんがいらっしゃったので、次の発注は船食屋さんはどこどこですよ、何日前に頼んだらいいよと教えていただいて。そこらへんは助かりましたね。

人間関係はどうでした?

人間関係は、男性ばかりの社会なので人間関係が一番大事だなと乗る前から分かってたんですけども、どんな方がいらっしゃるのかなと思いました。人見知りするタイプではないので、こっちから話すように努力して、挨拶もちゃんとするようにして。意外と自分では早い段階でいろんな人と話できるようになったとは思いますけどね。

特段大変だったという事はなかったですか。

皆さんがどういう感じでどういう料理を出してらっしゃるのかなという事はありましたね。

他の司厨長が?
朝食にしても皆さん何品ぐらいどのくらいの量を出したらいいのかなと…昼にしても。人それぞれやり方が違うので。自分のスタイルでやっていく中で、どのぐらいの量を出したらいいのかなと手探り状態でやっていくじゃないですか。量が多くてもいけないし、少なくてもいけないし。
量がやっぱり…。日々だんだんやっていくうちに、慣れたかなという感じですね。

船の生活で、これは面白いなと思ったことはありますか?

陸上は薄利多売で少人数でやっていく中で、1日10時間も12時間もみっしり働いて…
船に乗ったら一人で13人分作りますけど、労働時間的には陸上よりはあれですけど…短いなと。
言い方は悪いかも分からないですけど。早く仕込みすれば早く終わるし、ダラダラしてれば時間はかかるし。そこらへんは自分が調理しながら出来るというのはありますね。あとは夜終わって、海域によって携帯の電波は入らない、テレビは映らないと。する事がないことは退屈ですね。ビデオは用意してもらってますけど。今回は自分で見たいビデオをパソコンに入れたりして持って来て。そういう所は自分で工夫するというのはありますね。

いろんな仕事でいろんな場所に行けるという事は、大きいですか?

沖縄なんて来た事なかったんですよ。飛行機も1回しか乗ったことないし。飛行機乗れて、沖縄も来れて、いろんな所に行けるのは魅力だと思いますね。停泊中お休みをいただいたら、いろんな所に観光に行こうと思えば行けたりする訳じゃないですか。それは絶対他の職業ではありえない所だと思いますけどね。

船でいろんな所に行けますし、長期の休みが魅力ですよね。
そうですね。大きな休みがあるのでうちの息子は「お父さんせっかく大型連休なんだから、母さんと旅行に行ってきんさいや」と。そういう楽しみもあるかなと思いますね。

休みがありすぎるとそれもね。
逆に体がなまりますけど。

船内や陸上では、休暇・休憩は充分にとれてますか。

僕は場所が変わったら最初寝つきが悪いというのがあって、1週間位したら慣れて。今はけっこう10時半か11時ぐらい寝るようにしていて。睡眠取れています。

陸上では、充分でしたもんね。
はい、充分すぎるくらい。

パソコンは使いますか。

はい、僕の趣味なので。

仕事では必須ですか?
今の仕事ですか?今は食糧金を入力したりとか。発注もパソコンで打ち込んでしてメールで。

やろうと思えば手で出来ますか?
出来ます。

パソコンは必須ではないけれど。
はい。一度打ち込んだら、あとは数量変わるだけでいるものを足していくというだけで。

あると格段に便利ということですね。
はい。

船内でお酒は飲みますか?

飲まないので。お付き合い程度で飲みますけど。

船に乗ってよかったですか?

良かったですね。まだ2航海目ですけど。

転職してよかったですか?
はい。

陸上から船に来て、こういう所を気を付けたほうがいい、こういう所は船はいい点だとか、こういう人は向かないよねとか、ありますか?

船酔いの人は向かないのと、コミュニケーションが苦手な人、共同生活がダメな人は向かないんじゃないですかね。特に司厨部は一人しかいないので、コミュニケーションを取るというのが絶対だと思う…。そこまで取れてないのかもしれないけど、極力自分のほうから接してコミュニケーションを取る。苦手な人は難しいかなと思うんですけど。

意外だったという点はありますか?

船の仕事自体なにも分からないので、今何をやっているのかなと。呼び方ひとつにしても分からない仕事なので。(長期航海の場合)どうやったら野菜を持つのかなと思ったり、一つずつ新聞でレタスを包んだりとか。たまに水やりしたり。とにかくどうにかして野菜を…一つ必ず野菜を出してあげたいなというのが僕の中にあって、30日目ぐらい経ってから野菜何が使えるかなという。そういう所はやっぱり戦いというか。でも結構、30日ぐらい経ってもレタス出してたので。機関長から、「30日経ってもレタス出してくるのは普通はないよ」と言っていただいて。今の仕事に関しては10日毎で帰ってくるので、やりやすいなと思います。

陸上から船に来るのに、船酔い・共同生活の話が出てましたけど、他に覚悟をしておいたほうがいい点はありますか?そんなにあまり深く考えなくて、興味があったら来てくれればいいんじゃないかなという感じですか。

そうですね、僕自身が「とりあえず乗ってみよう、もし駄目だったら断念すればいいかな」と
気軽な気持ちで面接行かせてもらったんですよね。でも、「これだったら行けるぞ」とどこかで思っていて。別に深く考えることはないかなと思いますけどね。

今振り返れば、陸上も僕…店長もしたけど、毎日数字数字で料理を作る暇もないくらいパソコンと向き合っていて、そういうのから解放されて、乗組員の方から「美味しかったよ」と言われるのが本当の仕事だと思っているので。そういう意味では数字とか料理以外にとらわれることが無くて、料理だけ作っていて、今はちょっと解放されたかなと思っていますけど。

その気持ちで、乗組員に美味しい食事を提供してあげてください。
はい。

また、その気持ちを大切に。