船員インタビュー

甲板部
甲板手

自衛隊からの転職。前職と比べ、共通している部分は8割~9割程度と感じるので、ゼロからのスタートではないと思います。

Profile

2020年 海上自衛隊より中途入社

共栄マリンを志望した理由

なぜ共栄マリンを選んだんですか?
他の内航船にはないプロジェクトがあったり、ワクワク感じゃないですけど(笑)。
どうせ乗るならいろんなことをやりたいというのが私の本心でしたので。
普通にものを運搬する船よりは、いろんなことをする船ということに魅力を感じました。

ちょうどコロナのときに採用になってプロジェクト自体が延期になってしまっている状況なんですけど、その分船内をいろいろ見る機会もあると思いますが。
ドック1か月半経ったんですけど、楽じゃないですけど、楽しく仕事をしています。
実際に機器を触らせてもらうと、聞くだけよりは分かりやすいので、私としてもそのほうが助かります。

自衛隊と民間船舶との違い

自衛隊のときと民間船のときとやることは全く違うんですが、民間の作業船に来てみて、イメージしていた内容と実際は違っていましたか?
大筋はこういう感じなんだなというのは、想像していたものと差はなかったです。

整備作業や航海当直を担当していますが、以前と比べて明らかに違うなという所はありますか?
そうですね。細かいところまで見たら違うなということはありますが、8割~9割ぐらいは一緒かと思います。

自衛隊出身者の方が甲板部の部員として入社することに、それほどハードルは高くないというところなのでしょうか。
そうですね。やっぱり共通している部分が何個かあるので、ゼロからのスタートというよりは気持ち的にも…そうですね。共通している部分は私の中で8割~9割ぐらいはあったので、いくぶんは仕事が出来るかと思います。

実際に本船のスクリューはZペラを使っていて、舵がないんですけど、実際にレバーみたいなものも使って船を動かしてみましたか?
はい。出港・入港の度に操船訓練の時間を設けてもらって、そこでやらせてもらいながら。
まだ不慣れなところが多いので…。すごく緊張してしまいますけど、慣れたいですね。

船内の雰囲気はどうですか?
私がPOSEIDON-1の中で一番日が浅いのですが、気軽なことも話せますし、アットホームな雰囲気がよくて。

船内の食事はどうですか?
おいしくて、痩せるつもりで来たんですけど、逆に太ってしまいました(笑)。

自由時間は業務に必要なものを手作り

船内休暇や自由時間はどんなことをしていますか?
私はもの作ってますね。ロープとか、編んだりとか。帆布でものを作ったり。
趣味というより、自分が仕事をする上で、必要なものをなるべく手作りで作ってみようかなと。私の技術の向上も含め、仕事がやりやすくなるように、ものを作ってますね。
手先がめちゃくちゃ不器用だと思うんですが、ものづくりは好きです。
工具とかを使う時に、複数あったら両手がふさがるので、ツールバッグとかですかね。
工具を入れておくものを自分好みにアレンジしたり。代表作ですね、今の(笑)。