船員インタビュー

甲板部
二等航海士

AUV(自律型無人潜水機)での海底調査の際、 信号をうまく受信できるポイントまで船を動かすことがやりがいです。

Profile

2015年 中途入社
内航RORO・車両船・ケミカルタンカー経験
趣味:海外旅行(バックパッカー)

ホームページで船員の生の声を読み、いいなと思い転職

何がきっかけで共栄マリンに応募しましたか?
ホームページがきっかけです。
ケミカルタンカー経験後、陸上で働いていて、そろそろ船に戻りたいなと思ったときに色々調べて、ホームページを見つけたという感じですね。
乗組員のインタビューがよかったです。生の声がいいなと思いました。
陸上よりも船のほうが職場のほうとしては魅力的で、免状も取っていたのでそれを活かしたいと思いました。
そもそも船が好きだったというところがありますし、いろんなところに行ける、いろんなものが見られる、いろんな経験ができる、新しい発見があるところがいいですね。

元々海洋調査の船を経験、近いところがあるかと興味を持った

これまでどんな船を経験しましたか?
最初に乗った会社が内航でRORO船と車両船だったんですけど、とても目まぐるしく動いている。その次に入った会社が海洋調査の船を管理・運航しているところだったので、近しいところがあるかもしれないとちょっと興味があったところですね。

AUV海底調査時の操船の際、ポイントまで船を動かすことにやりがいを感じた

どんな仕事にやりがいを感じましたか?
AUV(※1)での海底調査は一番やりがいがあったところですね。
AUVはいっぺん潜行したら、それを本船が追いかけていくという作業がありますよね。
それをいかに上手にやるか。面白いと思います。
下手なことをするとAUVからの信号が受信できなくなる。
きちんと信号が返ってくるように、潮の流れとか風の流れとかを勘定しながら、ベストポジションまで船を動かすことが面白かったかなと。

AUVはプログラムしたとおり潜航、自航して海面に浮上してきますが、母船もその動きに合わせてAUVからの信号を頼りに船を動かすという点ですか?
そんな感じですね。
AUVの充電が無くなりそうなときは、AUVオペレーターの方から教えてもらったり、あと何分で浮上という時は、そういうことになったら、操船を船長にお任せします。
そういうときまでずっと追っていくということですね。

AUVと船とは、どのぐらいの距離をおきますか?
深さによってどのぐらいの距離をとっていくかというのがまた変わってくるので、これもまた私自身も試行錯誤しながらというのがあります。水深が深くなるとAUVの位置が近くても信号一切受け付けないことがあるんです。
データを見ながら、モニタを見ながら操船します。ああでもない、こうでもないとやりながらうまく・・・キャッチできるとよかったよかったという感じになります。

※1:AUV(自律型無人潜水機、海底での地形調査に使用する水中ロボット 事前にプログラムした通りに潜航して、調査海域の調査し、自ら浮上してくる。)

曳航の際、感覚がわからず苦労した

どんな仕事が大変だと思いましたか?
仕事はだいたい大変なんですけど(苦笑)。
バージを曳航した仕事は苦労しましたね。入社して最初乗ったときです。
あのときは曳航するいう感覚がよくわからなかったのが一つと、それと何をどう注意して曳航したら良いのかピンとこなかったというのが一つで、あの時はだいぶ苦労しましたね。

例えばどんな点ですか?バージを引っ張る、バージをまっすぐ引っ張ったつもりでも、バージが船の横の位置にあったとか。
そういうところですね。自分の思った動きをしてくれないとか。

サルベージを2回経験、細かな神経や体力を使う

サルベージを経験して、どう感じましたか?
入社してから今までで2回経験しました。
小さい船の曳航ですと、引っ張る船に自分が思っているよりも各所各所に負担がかかっていたのでスピードの調整・・・もう少しゆっくり曳航したほうがよかったのかなとか。
引っ張る船と本船との位置関係を考えなければならない点、相手船と意思の疎通もやらなきゃいけない点もありますね。
終了したときは、疲労感がありました。
船の曳航索を離した後、最後に本船で使っていた曳航索を引っ張り揚げなければいけません。作業の内容としては大したことはないのですが、機材が重く、怪我がないように注意を払って引っ張り揚げなければいけないです。

Zペラの操船は難しいが楽しい

Zペラの操船はどう感じますか?
そうですね。Zペラだいぶ使いました。
面白いですね。面白いけどもそれなりに難しさもあってですね。
下手な動かし方をすると、船体に振動がきたりしますね。
放出流で動かす速度とか変わってくるから、楽しいですよね。

食事がおいしいので、つい食べ過ぎる

船内の食事はどうですか?
おいしいです。おいしいので、食べ過ぎるきらいがありますけどね。

幸い今まで人間関係の悪さを経験していないので、船内の雰囲気は普通

船内の雰囲気はどうですか?
これまでの船でも、幸いに人間関係の悪さを経験していないので、普通だなというところですね。

陸上休暇中はバックパッカーへ変身

陸上休暇はどう過ごしていますか?
陸上休暇中は海外旅行をしています。
休暇中はベルギー・台湾・香港・チェコ・オーストリア・ドイツに行きました。
バックパッカーなので、そんなにいい旅はしていないです。
基本的に鉄道が好きなので、鉄道網が発達しているところはどこでも楽しいです。
ヨーロッパでしたらドイツ、オーストリア、そのあたりがよかったですね。
アジアだったら、台湾、タイもよかったですね。