船員インタビュー

甲板部
船長

一つの目的を持って一つの仕事をやり遂げた。 士気の上がる職場だなと思いました。

Profile

2014年 中途入社、ケーブル敷設船からの転職

現在は、プロジェクトが終了し、次の仕事までの待機になっています。

プロジェクト中に出来なかった整備作業がありますので、そこはきっちりと計画を立てながらやってます。みんな、働いていますよ。皆さんもうちょっと休憩時間を取ってもいいのかなと思いますけど、しっかりやっていますね。その辺は感心してます。

人間関係はどうでした?

おかげさまで良いと思いますね。

船内の雰囲気はどうですか?

いいんじゃないですかね。はい。いいと思いますよ。特に最近は釣りをやったり、
みなさんちょっと夜暇な事もあるんだろうけど…レクルームで歩いたり、トレーニングしてますよ。雑談しながら。歩いたり、自転車こいだりしています。

そういった点じゃ皆さん真面目ですよ。前の会社の船では、あちこちで部屋で飲んでどんちゃん騒ぎしているのがあった。この船はないですもんね。その辺は感心しますね。とは言っても、飲みにケーションじゃなければコミュニケーションな訳じゃないですから、コミュニケーションもうまくやっていると思いますよ。

食事はどうですか?

品数は多いし、色々気を付けてもらって、いろんな料理出してもらっておいしいですよ。
前回までは私自身食べ過ぎて。今回は食べ過ぎないようにしています(笑)。

品数が多いと少量を取ってもけっこう大盛りになっちゃうんですよね。だから、なるべく、全品を食べない…食べ過ぎない様に注意しています。気にはなってるのが、この前安全衛生管理会議の中で、衛生担当者から生活習慣病の話が出ていて、社員の栄養とか、塩分とか、糖分とか、
そういった所の管理が司厨長がどの程度やっているのかというのは気になっている所ですね。全体的に味付けが濃いという訳ではないんですけども。その辺の所は…計算されて供食されているのかなと気にはなってます。運動しない人はだんだん太ってきましたね。生活習慣病の話をしてから、トレーニングルームでトレーニングする人増えましたよ(笑)。「おっ、来たね」と(笑)。

分かりやすい。食事はおいしいのが第一ですけど、おいしくて健康的なのがね。

ついつい食べ過ぎますね。

船上および陸上での休暇は充分に取れていますか?

これも善し悪しなんですけどね。私自身は降りる時は次の乗船の予定をある程度知らせてもらった方が計画が立てやすくていいと思うんですけど、それを嫌う人もいるんですね。「降りる前からそんな話かよ」と。「俺はそっちのほうがいいけどな」と話してたんですけど。

善し悪しですね。だいたい嫌う方が多いんですけどね。
そうですか。1ヶ月が目処なので、1ヶ月前後だろうなということで考えてますけど、
分からないんですよね。

パソコンは、どこまで要求されますか?

個人で持ってきている人もいるし、持って来てない人も…。

打ち込みだけでいいのか、関数が必要かどうかとか。
まあ、特にエクセルとかワードとか問題ないので。

関数使うことはありますか?
ないですね。既に出来上がって入ってますし。

船内での休憩時間はどのように過ごしていますか?

まずは、1時間レクルームで自転車こいだり、歩いたり。汗だくになります。

レクルームの強みですね。
あったらいいと思います。結構、エアロバイクは皆待っている。生活習慣病の話で人が増えたのもあるんですけど。時間帯が皆6時から…食事前にやる人もいるし。大体8時前には皆上がっちゃうので。時間帯が集中しちゃう。あと、テレビが入るので、テレビを見たり、本を読んだりしています。本は乗船前に買って乗船していますけど。

下船中は何をして過ごしていますか?

下船中は、1回は実家に帰るんですね。父親がまだ健在なので、様子を見に。あと、家の事…ペンキ塗ったり。後はテニスをしたり、孫と遊んだりですかね。

あっという間ですね。
そうですね。今度は女房の実家に行くことを検討しています。カウアイ島ですね。去年の10月頃から女房のおやじが入院しているんです。一回は見舞いに行かないと。家内は10月に1回行ってるんですね。今度は一緒に。

本船は英語はどのぐらい必要ですか?

VHSで呼び掛けられるぐらいですね。あとは読み書きにしても、英語の書類は図面とかマニュアルとか、英語のものもありますし、日本語併記もありますし。そのぐらいですね。海外に行ってないので、不便は感じないですね。

当直中はドリルチームから直接の指示は無かったですか?

直接はない。大体ドリルチームからのオーダーはナビゲーターを通してこっちに来るので。ナビゲーターとのコミュニケーション…人間関係もうまくいっていたので。

入社してよかったですか?

そうですね、はい。

こんなところを積極的にアピールした方がいいと思う所はありますか?

本船しか知らないので、最新設備もありますし、そういった点では面白い…仕事としては面白いんじゃないですかね。そういうのが好きな人は特に。ただ、太平洋を横断したい人は向かないんじゃないかなあ。

向き不向きはありますね。運航も不定期ですし。定期航路が好きな人も向かないでしょうし。

積極的にアピールした方がいいと思う点はありますか?

レク室ありますよ、とか。人間関係がいいですよ、とか。厳しさの中にも和気藹々と楽しくやってますよ、と。

DPS操船自体は面白いですか。

面白いです。今回の入港もDPでやりました。慣れもあるし。どういう風に動くか皆やってみようぜ、と言って。アンカー上げてから、沖行ってトライアルやりました。そういった意味では面白かったです。まだ、オートトラックとか、フォローターゲットとかやってないので、まだ課題ではある。トライアルの時に一回オートトラックやってみようかと。いざとなったら使えなくなるのも良くないので。

マニュアルとDPと使い分けはしてらっしゃるんですか。

何もない時はマニュアルでもいいのかなと。スペースも広くて風も無い時は。今回みたくお尻が決まっている場合、風が逆から吹いてきた場合はDPのほうが確実につけられるなと。

便利な航海機器の一種という感じですね。

そうですね。

講習でCertificateもらうのと、実際に操船するのではやっぱり違いますか?

違うと思いますね。やっぱりまずシミュレーションと実際に操作するのでは実態感というか…違いますし。自分で動かしてみて、初めて自信がつくんじゃないですかね。講習も人が多いと触る機会は少ないですから。

Advanceの講習はためになりましたか。

なりましたね。