船員インタビュー

機関部
二等機関士

特に人間関係で今の所嫌だというのはないんです。デッキもエンジンも仲良くて話しやすいですし。

Profile

2013年 中途入社、RORO船からの転職
インタビュー当時 三等機関士

職務・年齢を教えてください。

31歳、サードエンジニアです。※現在:二等機関士

転職のきっかけはなんですか?

実は、以前タグボート乗船中に北海道のプロジェクト時に、共栄マリンという会社があるのを知っていました。インターネットで調べたら、新潮丸というオーシャンタグが出てきました。大きなタグボートに乗ってみたいというのが夢だったので、メールとか送ったんです。タイミングよく、共栄マリンに入れたので(良かったです)。

直近はRORO船だよね。またなんでRORO船に乗ろうと思ったんですか?
それもあの…2サイクルの大きいエンジンというのに興味があったんですけど、実際乗ってみてちょっと大変だなというのと、C重油なので、整備作業が…短い停泊時間の中で整備しなくてはならないプレッシャーとか、そういうのがあったんで、退職しました。

RORO船は結構忙しいよね。
はい。

転職する時に不安に思ったことはありますか。

人間関係ですね。

その他に何かありますか。
自分の担当機器とか触れるようになれるかという不安はありました。

RORO船では一等機関士までやっていたよね。
そうなんですけど、人がいなくて…やってくれという感じだったので。

やむにやまれぬ、という感じかな。

実際乗船してみて、不安はどうでしたか?

一番最初に乗船した新潮丸の時は、機関長が色々丁寧に教えてくださいました。特に人間関係で今の所嫌だというのはないんです。本船に来てからも人間関係うまくいってます。

入社してきて、想像していたのと違ったなという事はありましたか?

本船に乗船してきてからの休暇ですね。乗り出しということもあり、当初聞いていた期間での休暇ではなく、短期的なスパンで、1ヶ月乗って休みというのが何回かありました。また、今回は、少し長く乗船して欲しいと言われていることぐらいですね。

それでも、休みは取れてるのかな?
はい、今回の乗船前の休暇は一番充実した休暇になったと思ってます。

船内の雰囲気はどうですか。

デッキもエンジンも仲良くて話しやすいですし。

RORO船のときは?
よかったです。でも仲いい人は固まってるような。この会社はそういうのがなくて、皆和気藹々としていて、そういうのはいいですね。

食事はどうですか?

おいしいです(笑)。

今まで、社内でいろいろな船を回ってるけど、どう?
自分は気にしていないですけど、とある司厨長が…(苦笑)。

話はよく出るのかな。
はい、ただ、先日、乗船して全然普通だったし、おいしかったですけど。

うちの会社はね、お客さんに提供できるレベルというのを考えていて、それが司厨長の水準だと考えていて、それがもし及ばなければ評判の良い司厨長の下についてもらって、また戻すという事をやってきてるんですね。できるだけ均一な水準で。何が得意かというのは人によって違うのでバラエティーに富んでいいと思うんだけど…。もう一歩及ばずというところかな。
そうですね。

わかりました。

船内および陸上の休暇は充分にとれているのかな?

はい。

パソコンはどの程度求められますか?

エクセル・ワードの入力が出来れば最低限いいと思うんですけど、関数とかできたらなおいいと思います。自分は全然できないんですけど…。

応用も出来ればいいというところかな。

休憩時間や業務終了後はどのように過ごしていますか?

パソコンで映画見たりしていますね。

レクリエーションルームはいかないの?
時々…(苦笑)。

下船期間の休暇は何をして過ごしていますか?

旅行とかダイビングですね。

ダイビングはどこに行くんですか?
オーストラリアとかパラオですね。

サメを見たり?
シャーク見ましたね。

結構楽しんでいるんだね。

転職して良かったですか?

良かったです。

それは、どんなところが?また、会社として、どんなところを積極的に伝えていければいいと思いますか?
本船って民間で唯一の掘削が出来る船じゃないですか。どういう仕事をやっているかピンとこない人もいると思うんですよね。ショートムービーをホームページに載せられるんだったら載せて、こういう仕事をやっているという…実際にどういうものか載せられれば分かりやすいんではないかと。

写真で見せても意外と伝わっていないことが多くて、工夫をしたいなと思っていて、その一環で…。写真で伝わらない部分をイラストで伝えようとしています。
頑張っています。これは見た事あるかな。

見ていないですね。

ROVや、AUV使って…主要な仕事はイラストを載せていこうと思っていて。もっと知ってもらおうと思っています。逆に、入社の時にだいぶ説明とは違っていたな、もっとこういう風に説明して欲しかったという点はありますか?
それはないですね。

ギャップがあったわけではないですね。
はい。

いい面も悪い面もどっちも聞いて、悪い面があったらそれをどうするかという事を会社で考えたいなと思っています。

講習などで、エンジン関係でこういうのがあったらいいのになというのはありますか?

個人的なものでもいいですか。三等機関士は、冷凍機とか、空調機とか、そういう設備の保守点検をやらなければならないんですけど、取扱いはこれで合っているのか…作業手順とか。ドックの時に色々聞けばいいんですけど、メーカーと面と向かって話さないと分からないので、冷凍機の取り扱いとか講習があればいいのかなと思うんですけど。

なるほど、検討させてもらいます。これからは、電気関係を理解していくということは大切になると考えています。電気基盤を直せる技術を要求するということではない。何かが動かなかったよという時に電気的な部分をチェックして、ここが悪いんだという切り分けができるようになって欲しいんだよね。ここは大丈夫、ここしか原因は考えられないという切り分けが大事。そうすると、あとは悪いところ、たとえば、基盤だけ手配しておいて、
入港したら交換して復旧しましたという形。今後、電気関係は求められるんだろうなと思うので。今後、(良い講習があったら)教えてもらいたいと思っています。