船員インタビュー

機関部
二等機関士

基本的に不安がなく仕事が出来ますね。機関長が入ってくれるので、そこが大きいです。

Profile

2014年 タンカーからの転職
インタビュー当時 三等機関士

職務・年齢を教えてください。

22歳、三等機関士です。※現在:二等機関士

転職のきっかけは?

仕事がとても忙しかったことと、仕事への頑張りが評価され、給与にも反映される会社で成長しながら働きたいと思い退職を考えました。運輸局で求職登録をし、共栄マリンから声をかけてもらったのがきっかけで、ホームページで仕事内容を知り、興味深かったので、転職を決めました。

前の船はタンカーだったよね?

そうです、はい。機関員で乗ってました。

転職するにあたって、不安感は無かったですか?

まったく違う会社に行くので仕事がまず出来るかどうかという所、あと人間関係ですね。
やっぱり人が変わるというのは、うまくやっていけるのか最初不安になりますね。でも、自分の方が年下なので、周りの人たちに積極的に話しかけてみようと思いました。話してみたら、みんなフレンドリーで話もしてくれますし、むしろ向こうから話しかけてくれたりするので、私はとても馴染みやすかったです。

仕事の面ではどうでした?三等機関士から最初入ったけれど。

常に機関長がついてくれるので、朝は機関長がついてくれて仕事を教えてもらいながら仕事をして、夜は軽作業。基本的に不安がなく仕事が出来ますね。機関長が入ってくれるので、そこが大きいです。

入社前にしていた説明と、実際に入ってみて、違いはありましたか?

休み・給料体系・仕事内容、入港するスパンも、特に違いはなかったです。元々言われたのが、1ヶ月航海して、2~3日の補給。それが長い時も短い時もあるという事で、特にギャップは無いです。

実際に入社して面白いなと思う仕事はありましたか?今まで乗ったのは新竜丸と新潮丸か。

そうですね。私はトーイング作業、嫌いではないですね。あれはあれで新鮮だと思いました。やってみて、結構面白かったです。あと、自分は基本的にエンジンをいじるのが好きなので、
エンジンの整備作業は結構好きです。エンジンの整備作業はどの会社に行ってもやらされるんですけど、トーイング作業はこの会社独特の作業じゃないですか。あの作業は危険も伴いますけれど、やりがいはあるなと思いました。面白いです。みんなと連携して仕事をやっていくじゃないですか。終わった後の達成感も感じられますし、時間外でもあの作業は問題ないです。

トーイングをしてて、どこに面白みを感じるの?
具体的にどこ、という訳じゃないんですけど、みんなで作業をすることが好きなんですよ。一人で黙々とやるより、みんなで「これはこうしよう、ああしよう」と言いながら順序だてて、構想をしてやるほうが好きですね。流れ自体が好きです。

エンジニアとして、共栄マリンのいい所・悪い所はありますか?

これはどうしようもないことなんですけど、本船のZペラ室が危ないなと。天井が低いじゃないですか。見回りする時とかちょっとつらいなという時がありますけれど。あくまで私の意見なので、気をつけなければならないですね。あとは、物の配置が悪いとか。言ったらきりがないですけれど。しかし、会社の体制とか上司の対応は不満は特にないです。

これからこんな研修があったらいいなというのはありますか?今まで日本サバイバルトレーニングセンターでのSTCWコースとBOSIETコースの研修は行きましたか?

私はSTCWだけ行ってないです。BOSIETは行きました。あとは、基本的に機器メーカーからの
なんらかの説明の機会は欲しいですね。ドックの開放の時に聞けばいいんですけど、メーカーから話を聞くと心強いかなと。結局書面で見ても完全に理解できないので。ボイラーとか色々聞いたんですけど、取説だけ見ても全部は書いていない。使用する人が最低限のメンテナンスをやるための注意とか、仕様上問題なく使えるための注意は書いてあるんですけど、ちゃんと込み入った整備をするときに、「ここをこうすれば楽だ」とかいう所ですね。あとは実際に作業をするのを見るのは大事だと思うんですよ。

私としては貴重でしたね、ドックで整備するのを見たときは。あれを見てるのと見てないのでは、作業のやり方が変わってくると思いますね。もちろん機関長は全てわかってるんでしょうけど、私たちみたいな素人ほぼ同然の新人は分からないんで。ああいうの見せてもらえると助かりますね。

今まで、機関部で1回メーカー研修は行ったことはあるんだけど、やっぱりメーカー研修があったほうがいいのかなあ。
どうなんでしょうね。研修というとエンジンの構造はある程度分かっているとは思うんんで、詳しくという訳ではないですけど。

メーカーの人が来て話す機会はあればいいのかな。
今主機メーカーの担当者が本船に来ていて話を聞く事が出来るので、それで研修の代用はできると思います。以前、メーカー担当者がドックに来た事があります。例えば来なかった場合はメーカー担当者を呼んで説明を受ければいいと思います。特別な講習となれば、電気とか分からない人も多いと思いますので。

じゃあ、休みの時に何日も講習というのは?
うーん…(苦笑)休暇の日数を消化しなくて研修に行く分にはいいと思うんですよ。

休暇は休暇の日数、研修は研修の日数で、研修に対して休暇がつくような体制になっています。
それであれば、前もって言ってもらえれば。下船前に「この日ぐらいに行って欲しい」と話してくれれば問題はないと思います。

大変だな、つらかったなと感じた仕事はありますか?

ないですね。ただ、発電機と空圧機が壊れたときは疲れましたけど、私は体力を使ったかと聞かれればそうではないんで、何とも言えないですけど。壊れたとき仕方がないですし、直すのが仕事ですし、そのほうが腕もあがりますから、いいんですけれど。結局時間外で直したので、それが疲れましたね。発電機と函館出港して1週間ぐらいしてから、2号機の発電機が停まってしまってそれを治したんですけど、それ以外は時間外で直したことはないんですけど。

船内の雰囲気はどうですか?

すごくいいと思います。これ以上ないくらいいんじゃないですか。みんなニコニコしてますし。嫌な話も聞かないですし。

人との組み合わせもあるのかな。
それもあると思いますけど、今も前も人同士はみんな仲いいですし、いいと思いますね。和やかな雰囲気です。

会社の特徴としてデッキ・エンジン仲いいと聞く機会はあるんですけど。
こんなに仲のよい船は見たことないです。いいことだと思います。

比較的停泊期間が長いから余裕があるというのもあるんだろうね。それは続けていきたいね。

船内の食事はどうですか。

うまいです。めっちゃうまいです。私基本的に好き嫌いないんですけど、焼き魚食べるのが遅くて残したりはしますけど…。ごはんおいしいですよ。めちゃくちゃおいしいですね。全体的に味はまずくないですよ。この人の飯はまずいというのないですね。ごはんおいしくないのはきついですからね。

会社としては、デコボコをなくしたいと思ってまして、評価がよくなかった場合、いい人の下で応援司厨手として入って、目指している所と評価が良くないことを本人に伝えるようにしています。お客様に良い料理を提供できるところがラインですから。
楽しみは休暇・食事・上陸だもんね。

一番大事だと思いますね。(笑)

パソコンを使って仕事をしていますか?

機関長が殆ど管理しています。運転時間の数字を入力するぐらいですね。後は特にないです。あとは必要なものを機関長にリストを作って見せるぐらいですね。

休憩時間や業務終了後はどのように過ごしていますか?

昼は食事の後、掃除してサロンでみんなと話しながらテレビを見ています。時間になったら1~2時間仮眠して、ご飯食べたり。あとは部屋やサロンでテレビ見てからワッチ入りますね。夜は完全に寝ています。

船内でお酒を飲む事はありますか?

お酒を飲むのは好きですけど、乗船中はバカみたいには飲みませんね。部屋でワッチ終わりにビール1本くらい飲みます。

船内でお酒を飲むとき、強制されることはありますか?

ないですね。

下船期間の休暇は主に何していますか?

車が趣味なので、ドライブに行ったり旅行に行ったり。車は売っちゃったんですけど、スカイラインに乗ってました。ただ公道を普通に走ったりしています。で、車を変えようと思って乗船前に売っちゃったんです。次はマツダのアテンザを中古で安いのが見つかったので、それを買おうかなと。2200㏄ですね。セダンが好きなので。この船はバイク好きな人多いですよね。

共栄マリンに入社してよかったですか?

よかったですね。船内生活楽しいです。

同年代ぐらいの人が多いからやりやすいかな。
そうですね。仕事も聞きやすいですし。歳が上の人だと、どうしても威圧感を感じてしまって
聞きに行きくいですね。最初、正直言って機関長が怖いと思いました。私と機関長だったら親父ぐらいの歳じゃないですか。でも、一航海のってみたら、面白いし、また戻ってきたら一緒に乗って。機関長は自分から話しかけると笑顔で答えてくれるし、面白いです。最初誤解していたのが勿体なかったです。

英語は使うことはありますか?

新潮丸に行ったら、英語で書類を書くことがあります。

ゆくゆくは機関長やりたいですか?

船に乗ったからには一度は機関長をやって、あとはやすらかに余生を過ごしたいなと。でも機関長は気苦労絶えなさそうですね(苦笑)。